カナダへ行くなら見逃せないBanffの魅力!世界一美しい湖!

ボウ湖で飛び跳ねる私カナダ旅行
スポンサーリンク

今回は、私がカナダへ行っていた時の、忘れられない絶景をご紹介したいと思います。

カナダへ行く人に対して、絶対にここへ行くべき!!とオススメしまくっているのが、

Banffです。

私は、トロントへワーキングホリデーで渡航していたのですが、
トロントも魅力的な街でした。
NYにもすぐ行けますしね^^

しかし、自然を満喫するとしたら、是非Banffへ行って頂きたいのです。

私は帰国前の旅行で、Banffに訪れたのですが、

やっとカナダに来たーーーーー!!!!!

という感覚に、帰り間際になりました。

スポンサーリンク

Banffってどんな所?


カナダのアルバータ州にあるBanff(バンフ)。
Banffの国立公園内にあるリゾート地として世界から観光客がやってきます。
カルガリー空港から車で約2時間のところにあり、街からはロッキー山脈、ランドル山、カスケード山を望むことができます。
周囲6500㎢にわたって広がっている草原には、グリズリー、ムース、エルク、ヘラジカなど野生動物が生息しています。

旅を満喫する方法

ここで、どうやってBanffを満喫したかというと、全てツアー任せです!笑

正直、結構悩んでいたんです。

ツアーってほんまに良いんかな?
それぞれの滞在時間も短そうやし、楽しめるのか不安。

などなど。

しかし、ツアーを申し込んだ結果、思ったことは、

最高のツアーだった!!!

ということです。

想像をはるかに超える「おもてなし」を感じたツアーで、
本当に旅を終えて感謝の気持ちしか残らないぐらい素敵なツアーでした。

お世辞とかそういうの本当になくて、
もし私がもう一度バンフに行く機会があれば、また同じツアー会社の方にお願いしようかと思っています。

その私が絶賛するツアー会社がこちら。

トロコツアーズ

私がBanffを訪れたのは夏の時期で、
選んだパッケージはたしか「パーフェクト4日間パッケージ」です。

せっかく旅に来たんだから、お金の心配とかするのはやめよう!
ということで、
時間を購入するという感覚で、申し込みました。

これがもう、大正解でした。

【パッケージ内容】
1日目:カルガリー空港からバンフ・キャンモアへ送迎
2日目:コロンビア大氷原ツアー
3日目:ヨーホー国立公園ツアーもしくは早朝モレーンからいきなりヨーホー国立公園(6月限定)
4日目:バンフ・キャンモアからカルガリー空港へ送迎

パッケージの内容をざっと見た感じ、超シンプルに見えるんですけど、
実際はこんなに色んなところに連れて行ってくれるのかと驚きの連発でした。

期待を上回るスケジューリング。これはツアーで初めての経験でした。

初日の空港からのお迎えも、ただ迎えにきてくれるだけではなく、
途中で綺麗なスポットに立ち寄ってくれたり、街に寄ってくれたりしました。

その間も、素敵なガイド案内付きで、Banffについてのことがたくさん学べます。

美しすぎる数々の湖

Banffの看板で記念撮影

Banffの魅力といえば、数々の美しすぎる湖です。
ツアーで訪れた素敵すぎる湖を簡単にご紹介していきます。
※ツアーの順番通りにはなっていません。

・ペイト湖(Payto Lake)

ペイトー湖
氷河の岩粉が湖に流れ込み、美しい水の色が作られています。
見る角度によって色が全く違うので、それもひとつのポイントです。

・レイク・ルイーズ(Lake Louise)

レイクルイーズでポーズを撮る私
湖はエメラルドの色をしており、湖周辺では登山やハイキング、スキーなどが楽しめます。
レイクルイーズでポーズを撮る私

・ボウ湖(Bow Lake)

バーミリオン湖で山ポーズをする私
標高1,920mにあり、バンフ国立公園でも最大級の湖。
天気が穏やかな日には、光り輝く湖面に山々が映り込むのですが、
私たちが訪れた時は天気もよく、風もないベストと言えるタイミングでした。
バーミリオン湖
ちなみにこの頃、デジカメを持っていなかったので
iPhone5で撮っています。

それでもなおこのクオリティ。
本当に美しすぎて何度も感動しました。

もしデジカメで撮っていたらどんなに美しかったんだろうと思います。

・エメラルドレイク(Emelard Lake)

エメラルドレイク
エメラルドレイク
その名の通り、エメラルドに輝く湖。
ツアーではここで、湖周辺の散策または、カヌーに乗るかを選ぶことが出来ます。

・息を飲むほどに美しいモレーン湖(Moraine Lake)

カナダの世界一美しいモレーン湖
これが世界一美しい湖と言われているモレーン湖です。
この景色は、是非その目で直接確かめてほしい!!
というぐらい美しすぎました。
こんな湖、あり得るの!?
というぐらい、うっとりしてしまうおとぎ話に出てきそうな湖でした。

湖の後方にはかつて20カナダドルの絵柄にも採用された「テンピークス」という10の頂がそびえ立っています。

ツアーの魅力は湖だけじゃない!!

・グレーシャー・スカイウォーク

2014年に出来たこちらの施設は、足元がガラス張りになっており、
そこから氷河や岩山などが一望できる展望台です。

スリルがあるので、高所恐怖症の人は無理かもしれません。

・コロンビア大氷原

コロンビア大氷原の雪上車
世界でも20数台しかないというこちらの雪上車。
これらに乗れることも貴重な経験です。
ものすごい坂道を登ったり下ったりして、大氷原に辿り着きました。
コロンビア大氷原と雪上車
ペットボトルや水筒などを持っていれば、
そこから湧き出る水を汲むことができます。

コロンビア大氷原で水を汲む私
コロンビア大氷原でポーズを撮る私
とっても壮大でした!!

・モランツカーブ

鉄道写真スポット「モランツカーブ」
鉄道好きにはたまらない有名写真スポットがこちら。
青空、川、山、鉄道のバランスが素敵。

・タカカウ滝

タカカウ滝の岩でポーズを撮る私
落差300m以上ある滝。

カナダといえば、ナイアガラの滝ですが、落差は50m程です。
こちらのタカカウは、ナイアガラとは違った迫力があり圧倒されます。

・野生の動物にも会える!

ツアー中は、野生の動物にも会うことが出来ます。
私たちは運よく、ブラックベア、グリズリー、ムース、エルク、エゾシカなど多くの動物を見ることが出来ました。
間違いなく1匹は何かしらの動物が見れるかと思います!
野生のグリズリー

・他にも見所たくさん

今回ご紹介しきれませんでしたが、他にも見どころはたくさんあり、
素敵なスポットを回ってくれます。
もし、天候などが悪く見れなかった場合でも、代わりとなるスケジュールを組んでくれているので、
観光客としてはかなりありがたいプランになっているかと思います。

もちろん、個人でゆっくりと回る方法もありますので、
自分に合った方法で観光してみてください^^

さいごに

Banffの街中もおしゃれでとても魅力的です!
この一角はアニメ、ワンピースの15巻でチョッパーのくだりが始まるのですが、
この街の様子がまさにBanffそのものなんですよね。
山々の名前なども、Banffにある観光地を混ぜて作りましたよね?
というネーミングだったりと、モデルはBanffなんじゃないの!?と言われています。

ワンピースの舞台にもなったBanff
というわけで、実はこっそりワンピースファンにも楽しんで頂ける街になっています!

海外旅行、どこに行こうか悩まれている方へ、
全力でBanffをオススメします!!!

コメント