クライストチャーチの映画館がすごい~チケット購入方法もご紹介~

NZ生活
スポンサーリンク

こんにちは!

今回はニュージーランドで最も大きな映画館、HOYTS EntXのご紹介をしていきます!

スポンサーリンク

1階にはフードコートエリアが充実

フードコートエリア

1階のフードコートも広々として充実しており、映画の前に腹ごしらえすることが出来ます。

タイフードを頼んだのですが、
ちゃんとした料理の味付けでなかなか美味しかったです。

この映画館はいつオープンしたかというと、2018年の9月末にオープンしたばかり!

清潔感もあってとっても綺麗です。

なんといってもこの映画館の特徴は、席がすごいんです。

見どころはリクライニング式のソファ

HOYTSのリクライニングシート
出典:https://entx.co.nz/hoyts-cinemas

そう、このように全席リクライニング式のソファになっています。

前の席とのゆとりもかなりあり、後ろの人に蹴られて映画鑑賞の邪魔をされるという心配もありません。

そして前に座っている人がいても、結構な高さの差があるので邪魔になりません。

HOYTS LUXで豪華なひとときを

HOYTSのラグジュアリー席
出典:https://entx.co.nz/hoyts-cinemas

中にはHOYTS LUXという、映画を観ながらワインやカクテル、食事を楽しめるというかなり豪華な設備もあります。
こちらの利用は18歳以上となっています。

メニューのPDFも下記に載せておきますので、気になった方はご覧ください。

Menu by Manu NZ HOYTS LUX menu

映画の種類や時間帯によってはLUXが選択できないものもあります。

大きなスクリーンとトップクラスの音響を採用

HOYTSのスクリーン

Xtreme screenという大きなスクリーンに、
DOLBY ATMOS® surround soundという臨場感溢れる音響を採用することにより、まるでその場にいるかのような感覚を楽しむことができます。

チケット購入方法

チケットはオンラインでも購入が可能ですが、手数料がかかります。

人気の映画が観たい場合は事前にオンラインで予約しておいた方が、良い席で観れるのでオススメです。

時間に余裕のある場合や、空席が多い場合には現地で購入するのをオススメします。

エスカレーターを登るとチケットが購入できるマシーンがあります。

HOYTSの内装

チケット売り場

上記に表示されている画面からも上映されている映画を確認できますが、
手前にあるマシーンでも上映中の映画を確認できます。

①観たい映画をタップ

チケット購入できる機械

②「BOOK NOW」をタップ

購入方法1

③観たい時間帯を選択

購入方法3

④HOYTSのメンバーか聞かれるのでそうでない場合はNO

購入方法4

⑤人数を調整する

購入方法5

※バウチャー(割引券などがあれば「Scan Voucher」をタップしてバウチャーをスキャン)

購入方法6

⑥「Next」をタップして席を選択

購入方法7

⑦「Check Out」をタップ

購入方法8

⑧内容確認画面が表示されるので間違いなければ「Pay NOW」をタップ

購入方法9

⑨カンタス空港のポイントがあればそこから使用可能ですが、基本的にはクレジットカードでの支払い

購入方法10

⑩マシーン横に設置されているカードマシーンで支払い

購入方法11

支払いが完了したら下からチケットが出てきます。

☆オンラインでチケットを購入した方は、この場所をスルーして入り口まで突き進んでいき、スタッフに入手したバーコードをスキャンしてもらえればOKです!

ドリンクメニューも豊富

普通のソフトドリンクもあるのですが、フローズンもあったりします。

ドリンクメニュー

私たちは直前にご飯を済ませていたので購入しませんでしたが、
ポップコーン含めドリンクも頼むと、結構いい値段するかも・・・

余談ですが・・・

先日、かなり好評だというアラジンを観に行きました。

リクライニングで足の高さを調節したりできるので凄く良いし、映画自体もすごく良かった…

しかし、隣に座っていた4人組の女の子たちの騒がしいこと。

冒頭で、

前に座っている人がいても、結構な高さの差があるので邪魔になりません。

と言いましたが、劇中で突然その女子たちが

足を思いっきり上げて全力で自転車を漕ぐようなマネをしだしたので、
席が揺れるわで大変。
ズバリと言おうかめちゃくちゃ迷ったけど、子供向けの映画でもあるしここは我慢。

このようにハズレの席に当たった場合は邪魔される可能性もあります。笑

こんなに騒がしい映画館での鑑賞は初めてでしたが、
これはこれで忍耐力をつける良い経験になったと思っておきます。

でも、念のためお伝えしておきます。

注:映画の上映中に自転車を漕ぐマネをして騒ぐのはやめましょう。

コメント