【超穴場】クライストチャーチで知る人ぞ知る穴場スポット

ミニ蒸気機関車NZ生活
スポンサーリンク

今日はクライストチャーチでとっておきの場所をご紹介します!

ここは地元の人でさえ知らない人が多いのですが、とても素敵な場所です。

子どもがいらっしゃる方はとくに、ぜひとも一緒に連れて行って欲しい場所!!

スポンサーリンク

ホーズウェル ミニチュアトレイン(Halswell Miniature Trains)

様々なミニチュアトレイン

ここにはミニチュアサイズの蒸気機関車、新幹線、展望列車や貨物列車まで様々な電車が走っている公園です。

20種類近く走っていて、子供から大人まで乗車することができます!

【トレインの様子】

踏切とミニディーゼルトレイン

踏切、電車や全てのセットにおいてミニチュアサイズでとても可愛い。

☆乗車方法☆

チケット売り場

トレイン乗り場付近にチケット売り場があるので、その窓口でチケットを購入します。

1回乗車につき$2と手頃な価格で購入することができます。

もし、$10でチケットを購入した場合は、プラス1回分無料になります。

$10で購入した6回分のチケットは、有効期限がなくいつでも使えるので、
そちらを購入しておいた方がお得かもしれませんね。

ここは現金のみで支払いが可能となっているのでご注意ください。

購入後はそのままチケット売り場から階段を上り、小さなプラットホームへ行きます。

プラットホーム

ホームで待っていると、駅員さんからこのトレインに乗ってね!と言われるので、
指定された電車に乗ります。

様々な種類のトレイン

本当にたくさんの種類の列車があり、新幹線があるのにも驚きです。

ミニチュア新幹線

線路のクオリティがすごい~実際に乗ってみた~

どんな感じなのか、実際に乗車してみました。

子供にオススメの場所ではありますが、大人でもかなり楽しめます。

橋やトンネルまであり、すごく本格的にできています。

1回の乗車でこんなにも楽しめるとは思ってもいませんでした。

風がとっても気持ちいい!

これで$2は安い。

乗車時間はだいたい1~2分で終わるだろうと思っていたら、想像以上に長く約6分半。色んなコースを走るので、かなり満喫できました。

そもそもどうやってこの鉄道が出来たのか

この鉄道協会は1933年に少数の愛好家グループによって設立されました。

最初の施設はワークショップとして使用されていた小さなガレージ。

そこから次々と開発が進められ、次のガレージに移り、1979年にはこれらを永続的に残せるようにと新たな材料で再設計し、再構築されました。

【1980年当時の様子】

昔のトレイン開発の様子
出典:http://csmee.org.nz/who-are-we.php

1990年代後半には、開発が進むにつれ当時使用していた土地のサイズが足りなくなり、最終的にホーズウェルドメインでの開発に落ち着きました。

ホーズウェルでの作業は2000年頃に始まり、公式オープニングは2004年4月3日に行われ、その後も開発が続けられています。

【SLに給炭している様子】

見た目だけ蒸気機関車というわけではなく、中身の構造も同じでミニサイズになっているのがすごいですね。

☆営業時間と詳細☆

HalswellDomainトレインオープンサイン

営業日 :毎週日曜日
営業時間:13時~16時

オープンされている日には、公園の入り口に上記のような
「OPEN TODAY」という看板が立っています。

冬季6~8月は第1日曜日のみの開催となることがあります。
訪れる前に、下記のFacebookページから開催情報をご確認ください。
Halswell Miniature Trains (C.S.M.E.E.)
Halswell Miniature Trains (C.S.M.E.E.)、クライストチャーチ - 「いいね!」9,570件 · 139人が話題にしています · 3,558人がチェックインしました - The Canterbury Society of Model and Experimental Engineers...

さいごに

こんなに楽しめる場所があるなんて最近まで知りませんでしたが、
老若男女誰でも楽しめるので、
家族で行くのも良し、カップルで行くのも良し、友達と行くのも良し、一人で行くのも良し!

鉄道にそんなに興味がない私でもかなり興奮したので、とくに鉄道マニアの方にはたまらないのではないでしょうか。

クライストチャーチに訪れた際は是非、足を運んでみてください^^

コメント