夜でもタピオカドリンクが飲める!クライストチャーチのお店

タピオカドリンクとクマNZカフェ
スポンサーリンク

クライストチャーチにはカフェがたくさんあります。

夜までやっているカフェもいくつかあるので、たまに行きたくなるんですね。

基本的に夜はCofee cultureという所に行っていたのですが、
たまたま私たちが訪れた日に、そのお店が閉まっていました。

他に夜も開いているカフェがないか探したときに見つけたのが今回ご紹介するお店です。

スポンサーリンク

タピオカドリンク専門店「Pa Tea」

Pa Teaの外観

夜も開いてるタピオカ専門店って最高やないかい。

ちなみにニュージーランドでは基本的にタピオカドリンクのことをバブルティーと言います。
そしてタピオカ自体は「パール」というので、
トッピングなどでタピオカと記載していない時は、パールという文字を探しましょう。

ドリンクメニュー

Pa Teaのメニュー
私は一番左の列の3つ目にある宇治抹茶のバブルティーを頼むことにしました。
バブルティーだけではなく、フルーツティーや、オーロラのように層になっているティー、ジュースやシェイクなどもあります。

店内の女子感がすごい

ピンク色のネオンが光っていて、
ぱっと見、外から見た時は少し怪しいお店なのかと思ってしまいました。笑

Pa Teaの内観

ハートがモチーフになっているピンク色の椅子やテーブルなど、
やたらとピンクが目に入ります。

男性1人では少し入りづらいかも?;

注文したバブルティー

Pa Teaのキャラメルと抹茶のドリンク

こちら、キャラメルのバブルティーと宇治抹茶のバブルティー。
宇治抹茶の方は、最初グラデーションで綺麗だったのですが、
店員さんに渡されるときに、

飲む前に良く振ってくださいね^^

と言われたので写真を撮る前にめちゃくちゃ振ってしまい、
完全なる緑になってしまいました。こういうとこな。(※後日同じものを注文したので、トップ画面に振る前のバブルティーの画像を設定しました。)

しかしこの宇治抹茶のバブルティー、

めちゃくちゃ美味しいやないかい。

個人的にはモールの中に入っている系列のバブルティーより断然美味しいです。

メロンやキャラメルなどのフレイバーも試してみたのですが、
どれもこれもハズレがなく美味しいです。

ちなみに・・・

バブルティーにストローをさす時、めっちゃ緊張します。

9つ頼めば1つが無料になるスタンプカード!

注文し、お会計が終わるとスタンプカードを切ってくれます。
9つ頼めば1つが無料になるのでお得!

Pa Teaのスタンプカード

しかもカードが可愛い。
これはリピート確定です。

ここだけの話

タピオカで有名なThe Alley(鹿角巷)はニュージーランドにもありますが、
2019年10月時点ではオークランドのみとなっています。

実は、以前クライストチャーチにも一瞬だけThe Alleyと全く同じ看板でタピオカドリンクを提供しているお店があり、その際に訪れたのですが、メニューがオークランドで訪れた時のものと違っていて「あれ?」と思っていました。

味ももっと美味しかったような・・・といった印象です。

その後、もう一度試しに行ってみよう!と訪れたら、全く違う名前に変わっていました。笑

クライストチャーチでThe Alleyに行って来た!という情報があれば、それは残念ながら偽物でしょう。

気になる方はThe AlleyのHPから、店舗情報を確認してみてください→ http://www.the-alley.nz/

さいごに

私は過去に2回ここへ訪れたのですが、
どの店員さんもすごくきっちりしていて素敵な印象でした。
家族経営なのかな?

中国?台湾のどちらかから来られたのかな~と思います。

2019年10月時点で平日は22:30まで、土日は23時までと遅くまでやっているので、どうしても夜にタピオカドリンクが飲みたい!!
と思った方は是非訪れてみてください^^

店名:Pa Tea
住所:shop2/235 Riccarton Rd, Riccarton, Christchurch 8041
営業時間:月曜~金曜日 11:30~22:30 / 土日 11:30~23:00
サイトURL:なし

コメント