初めてラグビーを観戦した日

ラグビーゴール NZ生活
スポンサーリンク

こんにちは!

先日、初めてラグビーを観戦しました。

実は、今住んでいる家の近くで、スーパーラグビー2019の決勝戦がありました!

スポンサーリンク

スーパーラグビーとは・・・

南アフリカ共和国(SA)、ニュージーランド(NZ)、アルゼンチン(A)、オーストラリア(AR)で組織される「SANZAAR」により運営されるラグビーの国際リーグ戦。
2月から8月までの、期間限定のスーパークラブで行われる。オーストラリアとニュージーランドでのラグビーリーグの人気への対抗、また、南アフリカラグビーチームの強化を目的として、1996年から2005年まで12チーム参戦の国際リーグ戦「スーパー12」が開催された。当初はオーストラリアから3チーム、ニュージーランドから5チーム、南アフリカから4チームの計12チームが参戦している。
2006年シーズンに新たに2チームが新規参入したため、「スーパー14」へと名称変更。2011年シーズンからさらに1チームが新規参入したため「スーパーラグビー」となった。そして、2016年シーズンから日本のサンウルブズと南アフリカのキングズ、アルゼンチンのジャガーズが参加。18チームで行われた。
2018年シーズンにはオーストラリアのフォース、南アフリカのキングズとチーターズが外れ、15チームで開催。「ニュージーランド」「オーストラリア」「南アフリカ」の3カンファレンス制(各5チーム)で行われる。サンウルブズはオーストラリア、ジャガーズは南アフリカカンファレンスの所属となる。

決勝戦は、本拠地をクライストチャーチに置く強豪チームCrusaders(クルセイダーズ)とアルゼンチン初のプロラグビーチームJaguares(ジャガーズ)の対戦。

これは観ないという選択肢はないですよね。

というわけで、

人生で初めてラグビーを観戦しました!!

 

ラグビー観戦中のDango

 

家で。

 

ラグビーにうとい私は、決勝戦があると知ったのも実は当日で、
そりゃあもちろん決勝戦のチケットなんて売り切れてるわけです。

ということで、
ご近所さんと犬の「Dango」と一緒にラグビーを観戦しました。※日本の団子とは全く無関係

私のラグビーについての知識といえば、

・今年のラグビーワールドカップが日本で開催される
・ニュージーランドのオールブラックスが強い
・オールブラックスのハカダンスがすごい迫力

という、ラグビーをやっている人やファンに怒られるんじゃないかというぐらいの知識量。

しかし、試合が始まって説明してもらいながら観ていたら、

ハマりましたわ。

ラグビー観戦

ラグビーのここにやられた

特に私が「ラグビー、ええやん」と思ったところが、

スクラムを組んでいる様子。

スクラムを簡単に説明すると、両チームのフォワードの選手が試合を再開するためにボールを間にして肩を組み押し合うことです。
詳細はWikipediaをご参照ください。(Wikipedia : スクラムについて)

Crusadersのスクラム出典:https://www.newsroom.co.nz

その場面が画面に映し出された時、
選手からの熱気で水蒸気が体から出てるんですよね。

試合は夜だったので、それがよりくっきりわかって、

めちゃくちゃカッコイイやないかい。

と思ったわけです。

細かなルールについてはまだまだ理解していない部分がたくさんあります。

せっかくラグビー大国にいるので、徐々に楽しみながら学んでいこうと思います。

ラグビー優勝直後の監督のダンス

試合後にコーチがブレイクダンスを踊っていたシーンも好きです。

さいごに

日本で今年のラグビーワールドカップが開催されるので、
日本にお住いの方はぜひ観に行かれてみてはいかがでしょうか?

チケットは公式サイトからということで、気になった私は覗いてみました。

【公式】ラグビーワールドカップ2019日本大会|rugbyworldcup.com

私がこのサイトを訪れた時は、人気のあまり回線が込み合っていて待機時間が30分くらいかかりました。

チケット購入をお考えの方はお早めに購入された方が良いかもしれません^^

コメント