クライストチャーチのバス利用方法と料金、metrocardについて

クライストチャーチのmetrocardクライストチャーチ
スポンサーリンク

今回はクライストチャーチのバス利用方法と料金についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

バスの利用料金

バスを利用するには2通りの支払い方法があり、現金または「metro card」での支払いとなります。
このmetro cardというのは、購入時に$10かかりますが、
現金に比べてかなりの割引があるので、5回以上バスに乗る人は持っておいて損はないと思います。

↓下記の通り現金とカードの支払いでかなり値段が変わるのがわかります。

対象エリア料 金
子ども大人
MetrocardCashMetrocardCash
Zone 1$1.50$2.40$2.65$4.20
Zone 2$2.15$3.20$3.85$5.70
Zone 3$2.60$3.70$4.70$6.70
Christchurch International Airport  one-way$1.50$4.90$2.65$8.50
Christchurch International Airport return trip includedNA$8.40NA$15.00
Diamond Harbour Ferry one way$2.60$3.70$4.70$6.70
Diamond Harbour Ferry return trip includedNA$7.40NA$13.40

※2019年10月時点(最新情報はこちらからチェック→http://www.metroinfo.co.nz

ちなみに、ほとんどの観光スポットはZONE1にあり、$2.65で色んな場所へ行くことが出来ます。
さらに2時間以内であれば、
何回バスに乗ったとしても$2.65で済みます。

もし2時間を超えたとしたら$5.3になりますが、
そこから値上がりすることがなく、1日最大$5.3で乗り放題になるというわけです!!
※現金の場合は1回$4かかり、乗り換えも1回のみです。

さらにクライストチャーチの良いところが、空港へのバス利用料金の安さ!!
キャッシュだと片道$8.5ですが、metro cardを使用すると$2.65のみで空港まで行けちゃいます!!
これは安い。オークランドはスカイバスというのが空港へ行くバスなのですが、オークランドで使用できるAT HOPカード(metro cardと同じようなもの)を使用しても$18かかります。高いー!

このmetro cardを作るには、Bus Interchangeという街の中心地にあるバス停留所でカードを発行しなくてはいけません。
オークランドとは違い、空港で発行出来ないのが難点ですね;;
空港でもメトロカードが発行できるようになりました!(読者の方からコメント頂いたおかげで知る)

公式サイトで発行場所を確認したところ、

Christchurch Airport i-SITE Visitor Information Centreで発行できるとのことです。

今後も更新などあるかもしれないので、メトロカードが発行できる場所の公式サイトURLを載せておきます。

Where to Buy


カード発行方法については、後ほど説明します。

バスの乗り方

というわけで、さっそくバスに乗り込みます。
これがバス停です。場所によって仕様は異なります。

クライストチャーチのバス停
オークランドでのバス利用は、乗車・降車の2回タップが必要でしたが、
クライストチャーチの場合は、乗車の際に1回タップするだけでOKです^^乗車の際は前の扉からご乗車ください。
乗車したらすぐにカードをしまえるので、かなり楽です。
バスに乗った印象としては、
気さくなドライバーが多く、タップする時に

Hi, Thank you!!

と言ってくれますし、
降りるときにも「Thank you」と言ってくれるドライバーが多い印象^^
素敵だ~^^
私はなるべくいつも「Thank you」と言うようにしています。

現地の子供がバスから降りるときに、
「Thanks, driver!!」といって駆け下りていったのを見て
なんじゃそのカッコいい降り方は。と思いほのぼのしました。

metro cardの作成方法

インフォメーション窓口でmetro cardを作成します。

↓ここがBus Interchangeです。

↓中はこのような構造になっております。とても広くて綺麗です。
クライストチャーチバスインターチェンジ内
Bus Interchangeで作成する場合、インフォメーション窓口にも記載されていますが、声をかける前に、その隣にあるデスクに申請用紙があるので、
そのフォームに記載したのち、提出するようにしましょう。
ちなみに発行にはID(パスポートなどの身分証明書)が必要ですのでお忘れなく。
初めて使うよと言えば、丁寧に説明してくれます^^

カードの購入には$10かかります。そして、そのカードに入金する額はいくらにするか聞かれますので、あらかじめ入金金額も決めておくとスムーズです。

そしてGetしたカードがこちら。

クライストチャーチのmetrocard
おしゃれ。時期によっても絵柄は異なるようです。

というわけで、今回はバスの利用方法についてご紹介しました^^
これからバスを利用される方の参考になれば嬉しいです。

ニュージーランドで免許書き換えの予定がある方はこちらもあわせてご覧ください♪

【2019年】日本の運転免許証をニュージーランド免許証へ書換える
ニュージーランドで運転する3通りの方法、免許を書き換えるとどのようなメリットがあるのかなどNZ免許取得に関する情報をまとめました。必要書類と申請方法、そして「国際免許証は翻訳書類として適用されるのか」なども含めて発信しています。

コメント

  1. やす より:

    クライストチャーチ空港からでも、カード発行出来ました。

    • SakiSaki より:

      コメント頂きありがとうございます。たしかに発行場所が増えていますね!記事の内容を変更させて頂きました。貴重な情報ありがとうございます!